ききみみずきんのポケット

アクセスカウンタ

zoom RSS 背伸びして読みたい音楽の本

<<   作成日時 : 2015/02/08 21:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1952年生まれの私は、
解散直前のビートルズから、
ロックに親しんできた世代。

その前に全く違った音楽の世界があることは、
映画を通して知っていた。
なんとなく…

「イージー・トゥ・リメンバー」
副題は、アメリカン・ポピュラー・ソングの黄金時代。

ロックに毒された耳には甘ったるく聞こえなくもない音楽。
しかし、自信を持って書かれた文章を読むと、
座り直して、聞き直してみようか、と思わされる。

ジャズも聞いていた。
私がジャズを知った頃は、
ソニー・ロリンズの名を頻繁に聞いたもの。
あれから、フュージョンとか、ボサノバ寄り、
とか聞いてはいるものの、
よく分からないものの、
時折惹かれて耳にする。
凄く凝った音楽なのはよく分かる。
その辺り、できれば知りたいな、
と思いつつ手にしたのが、

「すごいジャズには理由がある」
副題は、
「音楽学者とジャズピアニストの対話」

広く深い世界だ。
1人のミュージシャンにしても、
年と共に結構幅がある。
一人のミュージシャンの名を覚えたら、
今度は、その人の何時頃の音楽か?
を気にかけないといけない。
又、誰と誰とがどう繋がっているか、
なんかも知っておいた方がより理解出来る、らしい…。
この難しさこそ、ジャズの楽しみの核心、らしい…。

側に、良いガイドがいれば申し分ないが、
そうそう贅沢は言えない。
ガイドブックがあるだけでも良し、とせねば!(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
背伸びして読みたい音楽の本 ききみみずきんのポケット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる