ききみみずきんのポケット

アクセスカウンタ

zoom RSS 障害者の役割

<<   作成日時 : 2014/04/29 01:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




思ったよりも、裾野の広い問題。
検査後、生んでも、中絶しても、
重い決断にならざるを得ない。

ドイツでの事例は、
長い時間をかけて作られた、
社会システムで、
日本にも有って欲しい。

見ながらいろんな思いがよぎっていく。
ここでの事例として出てきた障害者は、
ダウン症。
ダウン症について知った上で判断を下した方がいい。

でも、障害者の立場から思うに、
障害者に対して、今の日本はあまりにも未熟。
そう悲観する事も無いけれど、
楽観も出来ない。

例えば、新生児スクリーニングで、
聴覚障害がある事を知った親に、
聴覚障害者の一人である自分は、
何が出来るだろうか?

そんな事をあれこれ考えさせられた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
障害者の役割 ききみみずきんのポケット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる