ききみみずきんのポケット

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画採点

<<   作成日時 : 2009/04/03 22:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

私には珍しく、公開初日に映画を見る。
「英国王給仕人に乾杯!」というチェコスロバキアの作品で、
この魅力は到底言葉には出来ない。
このなんとも言えない、馴染みのない味わいを得たいが為に見た。

だのに、映画の得点アンケート票を求められる。
言葉に出来ないのだから、点数なんてなおさら無理の極み。
しかし、こういう機会は初めてであるし、
映画館を応援したい気持ちもあるので、取り組んでみる。
実を言うと、たまにロビーで公開されている得点は見ていて面白い。
年齢別性別の注付の得点だから、他所より少しばかり深読みできる。

まず、こう考えた。
払った料金に見合う、という合格点を60点にしよう。
それから、映画史上に残すべき秀作を100点としよう。
この間にある。
人に勧める度合いで、10点刻みにしようか…
強く薦めるが、90点。
普通に薦めるが、80点。
ためらいながらも薦めるが、70点。
問題なのが、どういう人を対象にしての薦めか?
そして、どういう意味合いで薦めるのか?
日ごろ映画を見ない人まで含めるか?
この映画を見ようと思っている人に絞るか?
はたまた、
心にしみいる度合いで薦めるか?
興味津々の度合いで薦めるか?

基準があってないようなものだから、
ああでもない、こうでもない、と迷いつつ、
70点として、月曜日の仕事帰りに出す。

受付嬢から教えてもらったのですが、
なんと公開初日だけの集計だった…
すでにロビーに張り出された結果を見ると、
概ね80点ほどである。
「日曜日の朝、急いで集計して出すんですよ♪」
との由。
お粗末でした…

日ごろから採点はしないのですが、
加えてこの頃は、感想も書かないでいる。
そうすると、いろいろああでもないこうでもない、
とのびのび考えられるし、思いをさまざまにめぐらせて楽しい。
後で、いろいろ調べて、印象がどんどん奥行きを増していくのも、
興味深い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

映画採点 ききみみずきんのポケット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる