ききみみずきんのポケット

アクセスカウンタ

zoom RSS 休日、例えば今日

<<   作成日時 : 2016/03/06 16:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

やっとの休日も、早16時過ぎ。

午前中は、風呂掃除・台所の片付け、母との買い物等、
それから、灯油の補給に、昼ご飯のパン購入で過ぎる。

午後、まず、レシートの整理兼日記の書き込み。
それから、録音したラジオ番組の整頓とトラックマーク付着等など。
処理能力が速いので新しいPCを使う事にしたが、
ソフトのインストール等で時間を食う。
でも、やはり、速かった。

こうして、いろいろとやっていると、
まとまった事が何一つ出来ずに、
時間が早々と過ぎる。
思い返せば、若い頃は、
あれこれと、母がしてくれたので、
読書に熱中したり、
せっせと映画館に通って居れたのだと、
しみじみ感謝に堪えない。

毎日、仕事にくたびれて、
一日の残りは、漫然とテレビ録画を見たり、
家人の話し相手をして過ぎる。

若い頃は、仕事をしている最中は、
休みの日にはあれをしよう、これをしようと、
楽しみに励んだが、
歳を経て、人を使いながら仕事をしていると、
心身ともに仕事に追われてあっという間に一日が過ぎる。

人を使わないだけでも随分楽ではなかろうか?
と思わないではないが、
こういう仕事に慣れてしまうと、
それはそれで張り合いが無いと思う。

年をとって暇になったら、
あれしようこれしよう、
と思うのは、
真に夢物語。

読書なんかその最たるもので、
体力も感受性も十分有る若い時にすべきだった。
歳を経たら、その経験で更に深みのある読書に、
進めたはず。

そう思う一方で、
読書も時代の鏡で、
その時代時代に左右されてしまう事は、
避けられない。

ネットの時代になって、
暮らしは、社会は、どんどん様変わりし、
そんな中で、
死ぬ時を想って、暮らしを考える。
充実した時間を過ごすのも重要だけれど、
思い返しながら過ごすのも大事だと想う。
死の床にあって、あれこれを思い出せたら、
ああ、いい人生だった、
と思えるのではないだろうか?

ただただ忙しいと、
あっという間に過ぎただけで、
思い出せる事が少ないのは、
悲しいと想う。
他ならぬ自分の人生なんだ、うん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
休日、例えば今日 ききみみずきんのポケット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる