ききみみずきんのポケット

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「オデッセイ」から始まる昔話

<<   作成日時 : 2016/02/28 22:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

映画「オデッセイ」が年明け(2016)に公開される。
原作は、「火星の人」で、
1972年生まれのアンディ・ウィアーが、
自らのウェブサイトで連載したのが原作。
映画も原作もヒットしている。

火星を舞台にした映画作品で、
「ジョン・カーター」というのがあった。
劇場で見るほどでもないかと思っていたが、
DVDになって見るのを忘れてた(笑)

この原作は、
バローズによる「火星のプリンセス」に始まる、
火星シリーズによるもので、
私が、中学から高校生にかかる頃、
書店の文庫コーナーで華やかな一角を作っていた。
私と同年代の人には夢中になった人も多い。

しかし、私は、天邪鬼で、こちらよりも、
E・E・スミスのレンズマンシリーズに熱を上げていた。
多分、真鍋博さんの絵に惹かれていたのではなかろうか?

そういう時代を経たものとして、
「本の雑誌」掲載の「日本SF戦後出版史」は、
興味深く読める。
2015年5月号の「火星ヒットと…」

あの頃、本屋へ毎日のようにせっせと通い、
見慣れていた風景の向こう、
出版社の方で、こういう動きがあったのか!
と今になって知らされる。

出版事情という事で、
他にも、ウェブサイト、
翻訳ミステリーシンジケート
での戸川 安宣さんの翻訳家交流録等も、
楽しい読み物であった、
が今は残念ながら休載の模様。

他にも、読書に夢中であったあの頃の、
出版事情を紹介したものがあれば、
読みたいと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「オデッセイ」から始まる昔話 ききみみずきんのポケット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる