ききみみずきんのポケット

アクセスカウンタ

zoom RSS いつもとちょっと違う日本語字幕付上映

<<   作成日時 : 2015/11/23 01:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

映画「レインツリーの国」の上映が始まった。

原作は、今人気ある作家の作品で、
よく読まれていると思う。

私も出た当時読んだ。
面白く読んだけれども、
誰彼に聴覚障害を知ってもらいたくて、
お勧めしまくるには、
ちょっと違和感を感じてしまい、
結局、聴覚障害の問題は、
個々の問題でもあるのだなぁ、
と思い至った。

それはさておき、
この映画のツイッターサイトで、
次のメッセージがある。

日本語字幕付上映について
http://raintree-movie.tumblr.com/post/133516793797/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E5%AD%97%E5%B9%95%E4%BB%98%E4%B8%8A%E6%98%A0%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

これを読むと、
通常の日本語字幕付上映と異なる事が分かる。

まず、上映法が違う。
通例は、全国が幾つかのエリアに分けられた中で、
二三日づつ、選ばれた各映画館で上映され、
巡回される。
映画館によっては、当日の上映を全てこれに当てる場合もあれば、
通常の字幕無し上映と平行して行う場合もある。

上映される曜日や時間帯が限られるのが殆どである。

しかし、これは、違うようである。

1週間、公開中の全国すべての劇場で、すべての上映回を日本語字幕付で上映いたします。

とある。
無論、例外がある由、注があります。

又、日本語字幕について、
ルールを明記してあるのも、ちょっと珍しく、
それを読むと、いつもの表示と異なっているかもしれない、
と思わされる。

原作の主旨を、
映画の上映に際し、活かしたもので、
好感が持てる。

自分の実体験から、
自分には有り得なかった絵空事の恋愛小説としか思えなかったけれど、
ここまで大切に扱われているなら、
読み直す価値があるかもしれない、
と思わせてくれた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「レインツリーの国」、観ましたよ。
余り難しいことを考えず、素直に楽しんできた、というところです。

聴覚障害のある女性が一方の主人公ですが、障害の点は配慮する必要があるもの、障害者だと大げさに騒ぐものではないよなぁと感じました。
誰しもさまざまなハンデは負っていたりするもので、それはそれとして配慮していけばいいだけのことではないかと思うのです。
いずれにせよ、話し合って初めてお互いに気づくことは多く、まずはコミュニケーションが大事と感じさせられた作品でした。
信兵衛
2015/11/25 22:53
仰せの通りです。

コミュニケーションの大切さが分かりながら、
意外に粗雑に行っているケースも多いと思われます。
常日頃の考えや無意識が出るので、
難しいのでしょうね。

原作そのもので、出来過ぎと思っていたが、
映画は更に輪をかけ、
美男美女で展開するから、
どーかな〜?なんて思ったりしています。
ききみみずきん
2015/11/26 22:15
あれだけ美人でスタイルが良くて若かったら、少しぐらいのハンデぐらい・・・と言いたい思いを抑えてました。(^^;)
信兵衛
2015/11/27 18:36
アイドルやモデルを起用した映画作品は、
ちょっと控えめに見た方が良さそうです。
アイドルの中にも例外はありますが…

逆に、アイドル・モデル無しで、
本職の役者ばかり出揃えたドラマだと、
ちょっと、チェックした方がいいように思っています。
ききみみずきん
2015/11/28 13:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
いつもとちょっと違う日本語字幕付上映 ききみみずきんのポケット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる