ききみみずきんのポケット

アクセスカウンタ

zoom RSS ニューヨークを想う

<<   作成日時 : 2015/11/03 14:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この頃良く見ているアメリカテレビドラマ「Low&Order」は、
ニューヨークが舞台で、
下町からセントラルパークを見下ろす高層ビルまで、
暑い夏の昼下がりから寒い冬の朝まで、
描かれていて、
ドラマそのものだけでなくそういう背景も楽しめる。

今、ニューヨークと言えば、このドラマを思い浮かべるが、
しばらく前は、ローレンス・ブロックが書いている街を思い浮かべていた。
そして、折に触れスクリーンでも目にする機会が絶えない。

リアルタイムでニューヨークを楽しめる時代にもなって、
ネットのブログで触れる事が出来る。
例えば、ニューヨークの遊び方。
http://nyliberty.exblog.jp/

そして、ズーッと遡れば、
「ニューヨーカー」が大好きだった常盤新平さんの事も思い出される。
高校生の頃、書店の本棚の上の方に、
早川書房から出ていた「ニューヨーカー短篇集」が並んでいて、
いつか大人になったらああいうものを読みたいと、
思っていた事まで思い出される。

ニューヨークを書いた本は数限りなくある。
そんな中で、この頃、読んでみたいな、と思える本に出会った。
ピート・ハミルの二冊。
「マンハッタンを歩く」
「ドリンキング・ライフ」

読もうと思って何度も図書館から借りては返す事を繰り返している。

治安の悪いアメリカには行こうとは思わないが、
ニューヨークだけは、行ってみたい。
でも、そんな事を言えば、まだ他にもあった。
スペンサーが居たボストン、
ボッシュが駆け抜けているロサンゼルス等など。
でも、今は、とりあえずニューヨーク♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ニューヨークを想う ききみみずきんのポケット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる