ききみみずきんのポケット

アクセスカウンタ

zoom RSS J.R.R.トールキン 世紀の作家

<<   作成日時 : 2015/06/14 14:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

トム・シッピー著
2015 評論社

映画の公開に追いつ追われつ、
「指輪物語」を読み継いだ日は、
次第に遠ざかっているけれど、
いつまでも印象に残っている。

長いだけでなく、
深く豊かな作品世界。
正直に言いましょう、
読者としては読み通すだけでも、
大変くたびれる。

しかし、自分も読んだと言う人に会えば、
必ずその人に親近感を抱くでしょう。
突っ込んだ内容の話は到底出来ないのですが…(笑)

あまり間を置かず読んだ、
トールキンの伝記も印象深かったけど、
今となっては内容が細かく思い出せない(泣)

そんな私が昨日図書館で出会ったのが、この本。
立ち読みしただけでも、引き込まれるものがあり、
読みたい!と思いました。
でも、又同時に、読めないし消化しきれないだろうなぁ〜、
と思ったのも事実。

これは、トールキンの作品世界に深く切り込み、
英文学の流れの中で、
彼を捉えなおそうとした力作ではないだろうか?
素人ながら、生半可にそう思う。

他にもいっぱい素晴らし文学作品が有って、
ここまで到底手が届かないのが悲しい。
眞に人生は短い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
J.R.R.トールキン 世紀の作家 ききみみずきんのポケット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる