ききみみずきんのポケット

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「誘拐の掟」と「墓場への切符」

<<   作成日時 : 2015/06/14 11:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨夜、映画「誘拐の掟」を見、
その翌日の午前、
「墓場への切符」を読み終えた。
 
「獣たちの墓」よりも圧倒される。
その後の作品を知った後から顧みて、
ブロックによって文章に込められた渾身の力を感じ取る事が出来る。

映画「誘拐の掟」は、ストーリーが原作に劣るものの、
映像というフィルターがいろんな感慨を引き起こしてくれる。
AAの集会の様子だとか、
マットの部屋の様子だとか、
マットが動き回るNYの町並みとか…
本だけでは到底追いつけない辺りに関心が行く。
リーアム・ニーソンではガタイが大き過ぎやしないか?
という懸念も見ているうちに雲散した。

マイクル・コナリーのハリー・ボッシューが駆けるロスと同様、
マットの歩くNYに実際行ける読者が羨ましい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「誘拐の掟」と「墓場への切符」 ききみみずきんのポケット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる