ききみみずきんのポケット

アクセスカウンタ

zoom RSS そして音楽が残った 〜プロデューサー・佐久間正英"音と言葉"〜

<<   作成日時 : 2014/04/29 18:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ミュージシャンにして、音楽プロデューサーの
佐久間正英さん、今年2014年1月に亡くなられる。

タイトルは、
NHK総合テレビで、
4月12日(土)前0:10〜0:59 (11日(金)深夜)に放送された番組名。

昨年NHKで放送された、
ハロー・グッバイの日々〜音楽プロデューサー佐久間正英の挑戦〜、
で私は彼を初めて知ったが、
子どもたちは、とっくに知ってた。

私と同い年でありながら、
1980年代以降、若い音楽家たちと共に、
音楽活動をしていた由。
自分は、相変わらず、1960年代以降の音楽シーンに、
軸足を置いたままの偏向した音楽ファンに過ぎないので、
その隔たりに圧倒された。

彼の死後、昨年の放送番組以上に、
きちんとした形で、
彼の足跡をまとめたドキュメンタリー番組。

音楽というもの、その音楽に携わるということ、
若い人たちと共感できる感性、
そんな事をいろいろ感じ、考えさせられる。

あまりにも若くして亡くなられた事に痛ましさを感じるものの、
その人生の充実振りに羨望をおぼえる。

これからの音楽はどうなっていくのだろう?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
そして音楽が残った 〜プロデューサー・佐久間正英"音と言葉"〜 ききみみずきんのポケット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる