ききみみずきんのポケット

アクセスカウンタ

zoom RSS 死者の声なき声

<<   作成日時 : 2013/09/16 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ルカー・クッチャーの「濡れた魚」に次ぐ、
第二作、読了。

「濡れた魚」程の牽引力は無いものの、
読み応えあり。
確かにこの時代のベルリンならでは!
という展開で、引き続き期待します。

いい作品を読ませてもらうと、
次への期待が膨らみ、
敷居が高くなっていくな、
と一読者としてわが事ながら再確認(笑)

ミステリー熱は、これで、ちょっと一段落したかな?
再び、コリンデクスターに戻ろうか…

この読書中、
今年の5月に再放送された、
ETV特集「言葉で奏でる音楽 吉田秀和の軌跡」
を録画で見、
吉田さんの著書を読みたくなる。

最後の著作となった、「永遠の故郷」シリーズからの二冊、
をはじめ、4冊ほど借りてきた。

それから、季節の変わり目の所為か、
日高敏隆さんの<猫の目草>シリーズが読みたくなって、
これの二冊も借りた。

昨日襲来した、台風18号で、更に秋めいてきたが、
午後街をバイクで走り抜けていると、
夏の姿でいる人を見かける度に、
過ぎ去っている夏を惜しんでいるんだな、
と思わせられる。

自分は、待ちわびていた秋の気配を探し回っていたのだけれど。
今年は、いつになく、トンボが多いように見受けられた。
夕方に見えてきた月は、半月で、
中秋の名月に向かっている。

三日有った休みも、
お盆に無くなった叔母の49日を挟んで、
あっという間に終わろうとしている。

この歳になると、
ゆっくり時が過ぎていくという、
感慨は、なかなか得られないものだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
死者の声なき声 ききみみずきんのポケット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる