ききみみずきんのポケット

アクセスカウンタ

zoom RSS 障害の度合い

<<   作成日時 : 2013/05/03 15:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

障害者手帳を交付してもらい、
障害者として扱ってもらっているけど、
今度ファックスを買い換えるにあたって、
中等度・軽度難聴は、置いてきぼりだな、
とあらためて痛感した。

これまで使用してきたファックスの具合が、
前々から良くなく、
早く買い換えたいと思っていた。
今春、ようやく生活用具の給付を受けられる時期になって、
早速、代わりのものを電気屋さんで物色したら、
今使っているメーカーはもうファックスを作っておらず、
仕方なく、他のメーカーに目を向ける。

そうしたら、今使っているドアホンが使えない。
他のメーカーには、それに応じたドアホンが用意されている。
ネットで調べたら、
メーカーが違ったらドアホンも違うものらしい。
ドアホンも新しく買い換えなければいけないとなると、
出費がかさむ…。

ドアホンが給付されるかな?
と思いつつ、関連のものを探す。
これまで使っていた一般向けのドアホンでは、
不十分なので、
障害者向けのものを検討する。

「おしらせランプ」というのが、良さそう。
でも、高いから次の候補も探しておく。
ドアベル発信機、フラッシュ受信機というものがある。

妻に福祉事務所へ行ってもらった。
等級で引っかかって給付が受けられない由。
二級以上でないと駄目だという。
という事は、全く聞こえないくらいでないと、
給付されない。

互いに難聴の夫婦で話をしている最中、
ドアホンが鳴っているのに気づかず、
棟続きに同居している父が、
配達の荷物を受け取った。
父によれば、配達人が立腹していた由。
それはそうだろうと思う。
中から話し声が聞こえるのに、
ドアホンでの応対が無いのだから。

障害の認定・等級自体に、まだまだ、
問題がある。
現実の諸問題からではなく、
医学的な数値で線引きしているだけなのだから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
障害の度合い ききみみずきんのポケット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる