ききみみずきんのポケット

アクセスカウンタ

zoom RSS 辻邦夫

<<   作成日時 : 2013/01/27 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

山村修さんの
「書評家〈狐〉の読書遺産」で、
次の文章に会う。

1999年に亡くなった辻邦夫は、
純文学系作家として稀有ともいえるほど、
読み手に向かってエンカレッジングな(勇気づける)言葉を
発しつづけた人だった

思えば、私も辻さんの言葉に、
多くの物事を教えられ、
勇気づけられてきた。

私が辻さんに出会った頃は、
ちょうど、新潮社から、
「海辺の墓地から」を初めとする、
真っ白なクロス張りの本が出た頃。

このシリーズは、結構私にインパクトあった。

リルケや、森有正さんやトーマスマンに、
親しんだのは、明らかに辻さんの影響です。

もう生前ほど、読まれなく、話題にもならなく、
寂しいものがありますが、
ともかく、私の中には辻さんから受けたものが、
残ってある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
辻邦夫 ききみみずきんのポケット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる