ききみみずきんのポケット

アクセスカウンタ

zoom RSS 書籍「自社生産」少部数に対応…講談社

<<   作成日時 : 2012/01/21 00:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2012年1月20日 読売新聞

講談社は今春、少部数用の印刷機と製本機を導入し、
出版大手としては初めて、書籍の“自社生産”を始める。

米国製のインクジェット印刷機とスイス製のデジタル製本システムを
埼玉県内の流通センターに設置し、
夏にも本格稼働する。

ロール紙の両面に印刷した後、
ページ順に折り重ねて綴(と)じるまでを自動に行う。
表紙カバーをかければ、すぐにも出荷できる。
1時間で1000部作ることができ、月産20万部を目指す。


どんな機械か、実際にこの目で見たい。
ロール紙から出た紙を、
折り重ねる所はどういう風にやっているんだろう???

この試みは、全出版数から言えば、微々たるものだけれど、
大いに期待していいと思う。

長く本を読み続け、買い続ける人が、育つといいな。

資本が要るのだから、さすが、講談社!
現実には、復刊ドットコムあたりに、置いた方がいいんだけれど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
書籍「自社生産」少部数に対応…講談社 ききみみずきんのポケット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる