ききみみずきんのポケット

アクセスカウンタ

zoom RSS 再読

<<   作成日時 : 2012/01/04 21:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

去年の末から、
ヘニング・マンケルのヴァランダー警部シリーズを読み返している。

年末企画で、
昨年一年に出たいろんな本の紹介・書評を目にするけれど、
読みたいものが意外にない。
以前ほど、新しいものを読みたい気持ちが無くなっている。
歳の所為だろうか?(笑)

そう言えば、
以前は毎週日曜日の書評欄を楽しみにして、
よく毎日新聞を買っていたけれど、
買わなくなっている。

これまで、ミステリーをいろいろ読んできたが、
今、結構このシリーズ、読めるし、読んでいたい。
主人公の感覚が親しめる。
自分の年齢より若い設定だけれど、
身近に感じられる。
主人公が老けているのか、自分が成長不足なのかは分からないけれど、
読んでいる最中は、そういうズレは気にならない。

主人公の仕事の仕方、考え方、
部下や上司、仕事仲間との接し方、
社会、世の中の見方、
なんかイチイチそうそう、と頷けたり…(爆)

こういうモノを読んでいると、
自分でもいろいろ書いてみたくなる。
自分の経験したこと、感じたこと、考え方を、
主人公に託して、思いっきりぶちまけられたら、
すっきりするかな…

でも、書いているうちに、
いろいろ気づかされたりするかも知れないし、
あるいは、
取り留めなくなって、
うだうだ、くだを巻くだけになったりするかもしれない。

しかし、
書いている登場人物が勝手に動き出したりすると、
おもしろいかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
再読 ききみみずきんのポケット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる