ききみみずきんのポケット

アクセスカウンタ

zoom RSS 暮らしの時間

<<   作成日時 : 2012/01/04 15:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

正月三が日が過ぎ、
今日4日は、昼前から一人っきり。
久しぶりにゆっくり落ち着いた一日が過ごせる、
と思った。

昼前に、二時間ほど散歩をする。
昼食をゆっくり食べる。
すると、父から炭で餅を焼いて食べよう、
と声がかかる。
床下から取り出した七輪に再開したのは、
幾年ぶりか思い出せない。
強い風を避けながら、赤くなった木炭で、
焼いた餅は、
オーブンやレンジで焼くのとは違った味で、
両親と共に堪能した。

食べながら、近所の誰彼の話が出る。
いろんな人の運命を想う。
ふと気づけば、もうすぐ夕方!

正午から開館する県立図書館のロビーに多くの人が居た。
あの人たちの家族はどうしているのだろう?

家族に向き合っていると、
本は余り読めない。
今まで読めてたのは、ほっといてくれていたから?(笑)
こっちで、背を向けていた、というのもある。

今は、娘が大学の寮から自宅に帰っているので、
折に触れ、いろいろ話をする。
息子とは、あまり会えず、したがって話す機会がない。

家族と話して、どれくらい話が続くか?
そういうところで、
自分のこれまでの経験を試されているような気がする。

そういう点では、親父には全く頭が上がらない。
話が続くには、豊富な経験も必要だが、
その経験で、いろいろあれこれと考えたり思う時間も欠かせない。

食べる話、人の話、ものの話、
あらゆる事を自分の話として家族に語れる暮らしの時間は、
なかなか得がたい。

自分の語る話も必要だが、
その話を聞く家族も必要。
そういう家族は、自然には出来ず、
日頃から、話すことで育てて成り立つように思う。

この頃は、前のように、
映画を見たり、本を読む時間が多く取れず、
暮らしに向き合う時間ばかりになってきているなぁ、
とつくづく思った正月だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
暮らしの時間 ききみみずきんのポケット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる