ききみみずきんのポケット

アクセスカウンタ

zoom RSS 退屈

<<   作成日時 : 2011/08/15 09:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

瑣末な事が面白くて、時の経つのを忘れている人をうらやましく思う時がある。
そんな時、こちらは、なにもかも面白くなくて、
漫然と散らかった辺りを眺めたり、ぼんやりと床のひとところを見つめていたりする。

そんなひと時、若い頃に読んだ、
三好達治の貧生涯という文章が思い出される。

あの奥深く豊かな詩を書いた三好さんにして、
これよりもっと辛抱を要する時を過ごしていた。
そう思い直すとちょっと気が楽になる。

この頃は、便利な世の中になって、
気を紛らわせるものがいっぱいあり、
そういうものの幾つかの誘惑に負けそうになる。

負けたら、身を誤る、一生を棒に振ってしまう、
家族を不幸にする、
そう言い聞かせもしながら、時をやり過ごす。

住みやすい世の中、というものはいつだって無かったのかもしれない。
どんな世の中でも、暮らしていく上での知恵を働かせられたものだけが、
そうそう不幸な思いに陥らずにすんだだけかもしれない。
知恵が有ったからといって、人生の艱難辛苦が避けられるわけでもないが…

向田邦子さんのドラマを見ていて、
ドラマみたいな人生は退屈しないが、
退屈したくないからといって、
ああも、ドラマッチックでありたいとも思えない(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
退屈 ききみみずきんのポケット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる