ききみみずきんのポケット

アクセスカウンタ

zoom RSS 社会に必要とされている意識

<<   作成日時 : 2011/02/07 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、一学年上の先輩に会ったら、
この3月に定年退職する由。

二三年前には、
二学年上の先輩が、
定年退職していました。

定年退職の年齢も、タイミングも、
勤め先によって、ずいぶん違いますね。

この一学年上の先輩、
私の会社が、定年無しと聞いて、
いいなぁ〜、
とはっきり言いました!

思わず、オイオイ!
と言い返しましたよ。

いつ退職を言い渡されるか分からないし、
生活のために働かねばならないし、等など。

彼の家は農家で、土地なども持って財産家です。
ゆっくり、農作業でもやるワイ
と言っていましたが、
その時に感じたのは、
もう、社会から必要とされない寂しさでした。
はっきりとそう言ったわけではないのですが、
そう感じられたのです。

今、世間では、うつ病とか、ひきこもりとか、
いろいろ取り沙汰されてますが、
社会から必要とされているという事の
有りようと言いますが、位置も、
随分変わったなぁ〜、と思います。

一人勝手にこれを振り回して
周りに迷惑をかけている方もおられるようですが、
私自身、この気持ちに支えられてきたこと、
大きく、ありがたかったな、
と思う。

社会は、会社であったり、友人関係、家族関係だったりしますが、
誰かに、必要とされているという気持ちは、
その人の背筋を伸ばしてくれます。
また、ばれなければいいだろう、というよこしまな気持ちも、
退治してくれます。

挫けそうになった時、
いつか、こどもが、
「こちらが、私の父です」、
と胸を張って言えるようでありたい、
と思い起こして、気を取り直します。

だから、家族はありがたいと思う。
父母等先祖に支えられ、
子らに支えられ、
私の人生は自分だけのものじゃない、
そういう気持ちを忘れないようにしよう。

この頃、こう言い聞かせること多くなったのは、
歳の所為でしょうか?(゚ー゚;Aアセアセ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
社会に必要とされている意識 ききみみずきんのポケット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる