ききみみずきんのポケット

アクセスカウンタ

zoom RSS ソフィア・ローレン 母の愛

<<   作成日時 : 2011/01/23 12:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

お正月に衛星放送で放送されたドラマで、
四時間近くあり、前後編に分けられていましたが、
波乱万丈の内容で、引き付けられ一気に見せられました。

ソフィア・ローレンが、彼女の母親役を演じています。
ドラマの中のソフィアは、意外に早く姿を消し、
なかなか現れません。
母親と、妹とを中心にしてドラマが進みます。
原作は、この妹が書いており、
その原題は、妹の名前・・・

大変、気も強く、個性も強いお母さんです。
地元では、ソフィアに劣らずきれいで人気があったよう。
この母親に引き立てられ、引っ張られ、
母が果たせなかった夢を託され、世界へを羽ばたいたソフィア。
イタリアが国を挙げて応援していた様があって、
そうなんだ、と今更に感心する。

この難しい母親にしっかりと対峙して、
自らの道を選び歩んでいった妹さんもなかなかの人物だと思います。

あのソフィアのお母さんはこういう人でした、
その母の元で私はこういう風に生まれ育ち、
生きていったのです。
そういう妹さんのメッセージもきちんと出ていた、
秀逸な佳作だと見受けました。

自らの母親役を演じたソフィア、
演じながらいろんな感慨があったでしょうね。
そして、見ている往年のファンは、
老いてなお、その容貌・スタイルを堅持している、
ソフィア・ローレンの矜持を見せつけられたような感じを受けました。
すごいなぁ〜、
こっちも、少しは頑張ってみようかな?(爆)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは☆彡
(^^)/元気ですか
この番組、見逃しました〜
先日、「ひまわり」
録画したのですが、まだ見直す時間がありません(^_^;)
泣いてしまいますね。
ミルキーウェイ
2011/01/26 21:38
そうですか、見逃しましたか!
BSは、見たい番組が多く、
見逃すというより、あきらめる番組のほうが多いです。
ソフィア・ローレンが、
有名になって、疎遠になった母親を演じながら、
これも疎遠になった妹に対峙しているシーンは、
ニヤリとさせられます。

「ひまわり」、不朽の名作と言うに躊躇いはありません。
あのロシアに出向いて、夫と再会するシーン、
思い出すだけでも目頭が熱くなります。

マルチェロ・マストロヤンニの特別な映画も録画してあります。
ききみみずきん
2011/01/27 22:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソフィア・ローレン 母の愛 ききみみずきんのポケット/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる